子どもの虫歯予防はどうしてる?

子どもの虫歯予防って結構大変です。

まず子どもは歯磨きが嫌い!(まれに好きな子もいますが)
そして、虫歯になると何度もイヤがる子どもを引っ張って歯医者に通わせないといけません。
これはが、ほんとに苦労します。

親の手間はもちろんですが、体力も気力もお金さえも無くなってしまいます。。。

そして、一番困るのが一度虫歯になるとこの先もまた油断すると虫歯になるということ、
また、いやがる子どもをひきずって歯医者にいかなければならないとなると脱力ですね。

子どもの虫歯を防ぐには日ごろの虫歯予防が一番重要なことです。

子どもの虫歯チェック

まず始めに行うのは親自身の虫歯チェック。親が虫歯だと、子どもの生活習慣も同じなので虫歯になる率が格段にかわってきます。そして、親の虫歯が口移しや食べ物の分け与えで子どもにうつってしまうことも多々あります。

もし親が虫歯だった場合には、スグに歯医者に行って治した方がいいでしょう。

子どもに虫歯がうつる生活習慣がいろいろあります。

同じスプーンで食事をする
一度食べた箸で子供に食べ物を与える
自分のコップを子どもにもつかわせる
くちうつしで食べ物を与える
食べかけのものを子どもに与える

これらの行動は子どもに虫歯菌をうつしてしまう原因なので、子どもの虫歯を治してもスグに虫歯になってしまいます。ずっとこれを続けていると、歯磨きを一生懸命毎日行っていても虫歯を防げないのです。

フッ素の塗布について

子供の虫歯予防にフッ素を塗布するのはどうでしょうか?フッ素は危険とか、安全性がとかいろいろと意見はありますが、今のところフッ素を塗布するのが子どもの虫歯予防にはかなり有効であるとされています。

フッ素を飲むわけではなく、歯に少量塗り込むだけなのでフッ素の害はほとんどないと言ってもいいでしょう。それでもフッ素入りの歯磨きが抵抗がある場合は、歯医者の定期健診でもフッ素を塗ってもらうだけでも効果はあるでしょう。

現在の歯医者の役割は虫歯にならないように予防するのが虫歯予防の歯科で一昔前の虫歯になったから歯医者という構図から変わってきています。

子どもに甘いものを与えること

子どもの虫歯の原因として、あめ、チョコレート、キャラメル、ラムネなど糖分が高い食べ物は虫歯菌が住み着きやすいです。

糖分はあまり与えないことが一番ですが、それも難しいと思うので食べた後に歯磨きをすることを徹底してください。外出している場合は歯を磨くのは難しいかもしれませんが、うがいなどでも可能ですがそのまま寝てしまうのは避けましょう。

そして結構虫歯になることが多いのがジュースです。フルーツジュースやスポーツドリンクにも糖分が多く入っているので注意してください。

子どもの歯は虫歯になりやすい

子供の歯は弱いために虫歯になるとすぐに進行してしまいます。歯が弱い上に、神経が大きいので大人とは違ってすぐに神経までたどり着いてしまうのです。

三か月に一度は歯医者に定期健診に行っていればそこまでひどい虫歯にはならないでしょう。子どもには虫歯がどんなものか理解できないので、しっかりと親が虫歯を予防してあげましょう。

仕上げ磨き

そして親の仕上げ磨きです。特に幼児のころは、自分で「磨いた」といってもまず磨ける子はいないでしょう。親がしっかりと歯のみがき方をマスターして、子供の仕上げ磨きをしてあげましょう。

歯ブラシの角度も一本一本につき、いろいろと角度を変えてしっかりと丁寧に、そして痛くないように磨くことです。歯が傷つくとすぐに虫歯菌が入り込みます。歯も歯茎も柔らかく、傷つきやすいので優しくブラッシングすることが大切です。

最近話題の虫歯予防歯磨き

歯を磨かない子でも全く虫歯にならない人がいます。それは持って生まれた約2パーセントの「虫歯除去用成分」を持つ人です。実は、最近では、その虫歯除去用成分を配合した歯磨き粉が発売されているので虫歯除去用成分が虫歯菌を減らし虫歯自体も予防してくれるというのです。

虫歯予防にフッ素は効果的ですが、フッ素も万能ではありません。このブリアンという虫歯除去用成分入りの歯磨き粉は虫歯だけでなく虫歯のえさとなる歯垢も、歯ブラシでは届きにくいところも、生きたまま届き除去して虫歯を徹底して予防してくれるので効果が高いといわれています。

参考:子どもの虫歯予防と歯磨き粉の選び方のポイント

コメントは受け付けていません。