性病検査キットの選び方を解説

性病は正しくは性感染症といい、オーラルセックスを含むなんらかの性行為によって病気が感染することです。一般的には性病として呼ばれていますが、最近では性感染症やSTDという名前で呼ばれています。

性病は、ニュースや報道でもよく出るようになってので一般的にも知られているためか、感染者数は若干減ってきてはいるようです。しかし、近年では20代の女性に特に梅毒が多くなっているということで注意が必要です。

性病が困ったことになるのは、初期は特に症状が軽いもしくは自覚症状がないため本人が気が付かないことがあることです。その状態で不特定多数の人間と性行為を続けるとどんどん感染者が拡大してしまいます。

性病の多くは自然に治癒しないので治療を行わなないままでいると、いずれパートナーへ感染させてしまいます。性器がかゆい、膿がでる程度の性病から、HIVのように免疫力を破壊して深刻な状態にしてしまう病気もあります。

参考:よくわかる性病検査キットの選び方

女性は特に注意

特に女性の場合は、性病に感染すると妊娠しにくくなる、妊娠できたとしても胎児に感染することもあるので深刻なことになります。男性もそうなのですが、特に女性は性病に感染しないためには不特定多数の人との性行為を避ける、コンドームを必ず男性に使ってもらうなど自分の身は自分で守ることが大切です。

性病の予防や対処方法

性病を予防するために一番効果が高いにはなんだかごぞんじですか?それは、皮膚自体の接触を避けることです。

コンドームを使用することで皮膚の接触を避けることができます。コンドームを使用するときの注意点は、性行の途中からではなく性交を始める前からつけるということです。

男性は自分で使用するので自分の意思で可能です。しかし女性の場合は相手がコンドームを自分からつけてくれればいいのですが、そうでなければコンドームをつけてくれと言わなければならず人に難しいこともあります。

もう一つ、性病の感染は性器の挿入だけではありません。オーラルセックスやキスでも感染します。こういった行為で感染する場合にはコンドームの使用はまったく意味がありません。

そのため、信頼しあえるパートナーとだけ性行為をするというのはとても重要です。男性は、風俗で病気が感染する場合もあるため、よく知らない不特定多数とは性行為を避けることが最大の予防になります。

万一パートナーから感染してしまった場合でも信頼のできる相手なら、お互いに治療することでそれ以上の感染はなくなり問題はなくなるでしょう。

コメントは受け付けていません。