マカの肝臓への効果

マカは肝臓にもいいのでしょうか? マカの成分とその働きから肝臓にどういう影響をもたらすのかを調査してみたいと思います。

結論からいうとマカは肝臓の機能をサポートできる植物です。マカに含まれている必須脂肪酸は肝臓の働きをよくするための細胞を生成する働きを助けます。この必須脂肪酸は人体で合成することができないので、マカで提供されるサプリメントを欠かさず摂取することで肝臓を健康に保つことができます。

マカを摂取することで肝臓細胞の再生が活性化されるので、脂肪肝や肝硬変などの重大な肝臓病の予防に一定の効果があるといえるでしょう。肝臓の機能がよくなると、男性にはうれしい機能の回復や食欲が増したりイキイキとした若さを取り戻すアンチエイジング効果なども同時に期待できそうです。

肝臓をよくするマカに含まれる成分

マカの主な成分です。この成分をみることで肝臓にいい影響をもたらすのかを見ていきましょう。

必須アミノ酸
アルギニン、アラニン、セリン、グリシン、リジン、イソロイシン、トレオニン、バリン、アスパラギン酸、グルタミン酸

糖質
果糖、ブドウ糖

ミネラル
カルシウム、カリウム、リン、鉄、銅、亜鉛、マンガン

ビタミン
ビタミンB1、2、6、12、E、カロチン、チアミ

その他の成分
ベンジルグルコシノレート、脂肪酸、タンニン、ヘテロシド、アルカロイド、サポニン、ステロイド、デキストリン、フェニール化合物、フラボノイド

滋養強壮成分
特に薬効が高いといわれているマカの成分はベンジルグルコシノレートです。不妊改善、妊娠促進、男性機能の改善、生理周期の正常化、更年期症状の緩和などは、このベンジルグルコシノレートの働きによるものと言われていて注目度が高い成分です。

男性に有効なマカの成分
陰茎動脈の血流を活発にするデキストリン、下腹部の動脈の血流をよくするアルカロイド、精子の増量を促進するサポニン、男性生殖細胞の80%を構成し、精子の増殖を促すアルギニンなどがあります。

精子の形成を助ける鉄や精子の運動性を活発にする亜鉛なども男性の不妊対策によい成分です。他にもバリンは疲労回復効果があるので、生殖機能や肝臓が疲れで機能が低下している場合にも回復を助けます。ビタミンEも男性ホルモンの分泌を活発にするので、不妊対策に効果を発揮します。

女性に有効なマカの成分
女性の不妊に対して高い効果があるのがリジンです。女性の生殖機能を正常化して妊娠出来る受胎環境を整えるといわれています。

また、マカには女性のホルモンバランスを整えるのに有効なベンジルグルコシノレートやロイシン、メチオニンやバリンなどの必須アミノ酸やミネラルも豊富に含まれているため、ホルモンバランスの乱れによって排卵障害が起きることを防ぐ効果もあります。

ホルモンの分泌をコントロールしてホルモンバランスを整えると言われるアルギニンや血液の流れをスムーズにしてくれるので、血行が良くなって冷え性を防ぐなどの効果もあります。

このようにマカには肝臓へのよい影響をもたらす様々な成分が豊富に含まれています。

現在のところ、肝臓サプリメントにはマカを使用した製品はありませんがウコンやシステイン、肝臓エキス、オルニチンなどを使用した肝臓にいいサプリメントはいろいろなものがでています。以下のサイトを参照してください。

肝臓に効くサプリメントランキング

コメントは受け付けていません。